Loading...

メニュー

私達が目指すのは企業理念のとおり
「全員でつくる家族と社会に誇れる会社」です。

株式会社マツシマホールディングス
取締役専務 松島 一晃

マツシマホーディングスの強み(About us)

私達マツシマホールディングスは今年で創業63年目を迎えます。100年経ってようやく一人前と言われる程、老舗の多い京都ではまだまだ新興企業かもしれませんが、企業の平均寿命が25年と言われる現代に於いて、まずはよくここまで来ることができたと自負しています。
そして私達がここまで来ることが出来たのは、常に時代に合わせて変化し、挑戦し続けてきたからです。

進化論で有名なチャールズ・ダーウィンはこう述べています。
「強いものが生き残るのではない、賢いものが生き残るのでもない、変化するものが生き残るのだ」
9つの自動車ブランドの正規販売権の獲得、個人ノルマのない給与制度、全社員とその家族全員による海外旅行、マレーシアでの正規販売権の獲得など、これまでのディーラーの常識を打ち破る取り組みを続けてきました。そしてそれは職種、年齢、性別、個性は違えど志を同じとする社員ひとりひとりの挑戦の結果でもあります。
私達はこの変化を恐れない風土と、人の個性とチームワークを大切にする文化を武器にこれからも挑戦し続けます。

マツシマホーディングスの目指すところ(Our Vision)

私達が目指すのは企業理念のとおり「全員でつくる家族と社会に誇れる会社」です。
そして、私達は「誇り」を創るのは、人と人との繋がりからだと思っています。
60年の歴史の中で培い、また先人達から引き継がれてきた大切なお客様との繋がり、他に例を見ない個人ノルマのない給与制度だからこそ生まれる部門・部署を超えた社員同士の繋がり、そして4年に1度全社員とその家族で行く海外で行う周年行事など最も大切にしている家族との繋がり。 これからも人と人との繋がりを大切に、マツシマで車を買ってよかった、マツシマで働いていてよかった、私達の街にマツシマがあってよかった、家族がマツシマで働いていてよかった、そう思ってもらえるような、それを「誇り」に思ってもらえるような、「全員でつくる家族と社会に誇れる会社」を目指していきます。

マツシマホーディングスの求める人材(Type of Person)

今自動車業界は激動の時代を迎えています。何が起こるか誰もわからないこんな時代だからこそ「人」ひとりひとりの力が大切です。
私達は各メーカーの研修への積極的な参加や社内のロールプレイング・技術大会の開催、社外講師を招いての年次・階層別のリーダーシップやコミュニケーション、マネジメントの研修など、人の力を高めるための取り組みに力を注いでいます。

ただ、こういったことは大事だと思っていますがそれよりも人の力を高めるために最も大切なことは、想いの強さだと思っています。
以下は、私達マツシマホールディングスの従業員行動指針です。

1.約束は必ず守ります。

2.自分の仕事に責任を持ちます。

3.他人の意見に耳を傾けます。

4.積極的に発言し、果敢に行動します。

5.安全第一に行動します。

6.相手の立場になって考えます。

7.仲間を大切にします。


どれも簡単そうで難しいことばかりです。

今すぐ完璧に出来なくてもこれを念頭に置き、同じ方向を向いて本気で「全員でつくる家族と社会に誇れる会社」を目指せる、そんな想いを持った人材を求めています。

スキルや技術は後から追いついてくるものです。

社長メッセージを見る

ENTRY

社員一人ひとりの"夢"と"情熱"が
MATSUSHIMA 躍進の原動力です
みなさまにお会いできることを、
心より楽しみにしております

ページトップへ
ページトップへ