Loading...

メニュー

マツシマでは、整備士の大会とかに出させてもらえたり、そのための練習時間も取ってもらえたり、会社としてサポートしてくれます。

三宅 塁

京都BMW宝ヶ池 
メカニック
[2011年入社]

整備士になったきっかけは何ですか?

小さな頃から乗り物が好きで、一番好きだった乗り物がバイクでした。学生の頃は、友達や知り合いのバイクをよく整備士の真似事みたいに修理していました。
調子が悪かったバイクが良くなった時の快感がモチベーションアップに繋がって、それを仕事にしたいなと思ったのがきっかけになったのですが、バイクは趣味でありたいという思いがあったので、「仕事は車で趣味はバイクで」と車の整備士になりました。 今でも趣味でバイクの修理もしますが、車の整備の方が好きになりつつありますね。

整備士になって良かったなと思うことはありますか?

自分で考えたりメーカーとやり取りしたりしながら、つかめなかった不調の原因が分かったとき、そして直せたときは嬉しいです。
趣味でやっていたときとは考え方や技術的に見る場所も変わり、修理のスピードも上がりました。楽しくなってきたのは3年目を越えた辺りからでしょうか。仕事がだんだん出来るようになり、覚えてきた時くらいからです。専門学校の時は実際に車に触れる事がなかったので、実際に車を見て、触れて自分の中で理解ができた時、嬉しくて、整備士になってよかったなと思います。


支店でCS(顧客満足)のリーダーを任せてもらっていることもあり、CSを上げるために修理内容等をアドバイザーではなく、直接メカニックから説明するようにしています。お客様自身に工場に来て頂き、オイル漏れなら漏れている箇所を説明し、どう修理しているかを説明しています。お客様からも分かりやすいと言って頂けます。見えないところでオイルが漏れたと言われても、何がどうなっているか見えてこないと思うので。
お客さまから「仲の良いメカニックができた」と喜んで頂けています。そういう方はかなり頻繁に来てくださるようになりました。そういったところがまた、自分のモチベーションにも繋がっています。

今後の目標は何ですか?

マツシマ(ホールディングス)では、整備士の大会とかに出させてもらえたり、そのための練習時間も取ってもらえたり、会社としてサポートしてくれます。 先月BMW関西エリアのテクニカルコンテストに出場して優勝できました。昨年のMINIのコンテストがボロボロの結果で支店長やマネージャーに恥をかかせてしまったので、そのリベンジで確実に取ってやろうと思っていたのでとても嬉しかったです。 マイスターという資格の一つ下のシニアテクニシャンを飛び級でとらせてもらえていて、シニアテクニシャンになるとその大会にはもう出れないので最後のチャンスでした。 新人の時にSP(センパイ制度)をしてもらった方がマイスターを持っておられてその方が目標で、少しでも近づけるようになりたいと思っています。
今後の目標はマイスターを取ることです。技術で最高の資格ですし、法人でもまだまだ少ない資格で全社でも2人なので、3人目に早くなれるように絶対に追い抜いてやろうと言う気持ちで今やっています。

学生の方々にメッセージをお願いします!

僕自身新人の頃についていけていないところがあったので、基礎をしっかり身につけて、整備士資格二級に必要な知識は持っておくのはマストです。後は電気の知識をつけておいたほうが良いです。今は全部電子整備なので、整備士の中でかなり苦手な部分になると思うので、電気の事をよく勉強しておいたほうが良いと思います。自分自身も壁にぶち当たりましたし、ものすごく難しいです。ある程度基本は理解していたほうが良いですね。

整備士は、直す対象物が時代とともに変化していくのでずっと勉強しないといけない仕事ですね。新型車もどんどん出てきて、付いているものも変わってくるので、常に勉強しないといけないのは大変ですが、新型が出れば発売前に先に試乗できますし、知識を得られるので楽しいです。なんといってもそれ以上の達成感があります。資格も順序よくあって、自分がレベルアップしているのが分かる仕事だと思います。目標も決めやすいですし、車好きなら必ず一番上の資格を取りたいと思うので、そこに向かって頑張っていってほしいです。

ENTRY

社員一人ひとりの"夢"と"情熱"が
MATSUSHIMA 躍進の原動力です
みなさまにお会いできることを、
心より楽しみにしております

ページトップへ
ページトップへ