Loading...

メニュー

常に向上心を持って自分自身で周りを見て業務の幅を広げてスキルアップさせていく事で達成感を感じられる事が沢山あります。

今井 里美

京都BMW本社 
ショールームアテンダント
[2014年入社]

お客さまに満足して頂くための想い

お客様があってのお店・会社であり、お客様がいて私たちがいるので、お客様第一というのは当たり前だと思っています。この事が根本にあり、日々の業務に取り組んでいます。
例えばお客様が1回目のご来店時に会話をした内容やお客様の趣味などを覚えて、次に来店して頂いた時に「その後どうですか?」など気にかける様に話し、車のメンテナンスの満足だけでなく馴染みのスタッフがいるから来店しやすいと思って頂ける様におもてなしの面でも満足して頂きたいと思っているので、接客と接遇を使い分けてお客様一人一人に応じたパーソナルな対応を常に心掛けています。

社会に出てみて不安になることは?

最初は社会のルールや業務内容など、何も分からなくて不安なことばかりでしたが、その中にも一歩大人の仲間入りする様な、これから始まる自分自身の社会人生活にわくわくする感覚がありました。
業務内容で分からないことは同じ部門の先輩だけでなく、セールス、サービスの先輩方も親身になって教えて下さるので心強いです。 また、何かあれば先輩が悩み相談にのってくれるし、人事の方も話し易く、親身に接してくれるので、私としては、その辺りは心配がないです。

マツシマ(ホールディングス)のいいところは?


仕事が終わったあとに、みんなでご飯に行ったり、月に2回お店の定休日があるのですが、定休日に支店のみんなでBBQにいったりと、ショールームアテンダント同士だけでなく、営業・サービスの支店全員で遊びに行ったり、仲の良い職場環境がとても良いと思います。仕事とプライベートの切り替えもきちんとできて楽しく働けています。
毎月ではないのですが、感謝の気持ちを込めてお客様に楽しんで頂けるイベントを各支店で開催したり、会社全体ではモーターカフェやウィンターキャンプなど、取り扱い車種の展示会を行い、その展示会にはスタッフもたくさん参加しお客様との交流を深められるイベントがあります。ショールームだけでなくそのような場でもお客様と交流し、互いにより良い関係を築けられるのでとても良い企画だと感じています。

SA(ショールームアテンダント)として心がけていることは?

お客様が来店された時に最初に対応するのがショールームアテンダントです。なので、お店の顔となれるように、常により良いおもてなしを心掛けています。女性マナー研修で学んだ事を活かして品格のある対応が出来るように、一つ一つの動作や仕草、行動に気を付けています。
 ショールーム管理は、ショールームアテンダントが中心に管理していいます。全てのお客様に気を配り、入庫待ちのお客様には待ち時間をより良い時間にして頂くために時間を把握し、残りの作業時間のお伝えと共に二度目のアプローチを徹底するように心がけています。

ショールームアテンダントのやりがいは?

サービスやセールス業務を自分ひとりでこなせた時や、「これわかる?」とたずねられた時、「今井さんにお願いしたい」と頼られた時など、一緒に働いているスタッフに求められていると実感出来た時にやりがいを感じます。
また、ショールームアテンダント業務は、業務内容の幅がとても広いので、常に向上心を持って自分自身で周りを見て業務の幅を広げてスキルアップさせていく事で達成感を感じられる事がたくさんあります。 何よりもお客様に「ありがとう」と言って頂けた時に最もやりがいを感じられます。

他、新入社員にむけて何かあればお願いします!

お客様第一は基本なのですが、私がひそかに大切にしているのがスタッフ同士のコミュニケーションです。一緒に仕事をしているスタッフ同士の関係が良好でなければ、うまく協力も出来ないし、ショールームやスタッフ同士の雰囲気はお客様に必ず伝わります。お客様の立場になって考えると、あたたかい雰囲気で迎えてもらえて、居心地の良いショールームがいいと思うので、お客様をスムーズにご案内する為にもスタッフ同士のコミュニケーションを大切にしています。
また、何よりも仕事を楽しいと思うには、業務内容は関係なくて一緒に働くスタッフ同士の関係が一番重要なポイントになると思います!

ENTRY

社員一人ひとりの"夢"と"情熱"が
MATSUSHIMA 躍進の原動力です
みなさまにお会いできることを、
心より楽しみにしております

ページトップへ
ページトップへ